自然素材+性能と暮しやすさ

ウッドショックについて

2021年04月27日

木材に関しての重要なご案内です。

 

平素はご愛顧賜り、厚く御礼申し上げます。

先日来より、業界新聞等にて記載されていますが、木材市況が大変な状況になっております。



弊社では、家づくりに使用する木材は、土台や柱・間柱等は国産材を使用し、梁・桁等は米松を使用していますが、米松の輸入元である”米国(アメリカ)”の活況と輸送コスト上昇により、米松の輸入減少が続いており、全国的に価格高騰と供給不足になりつつあります。

その代替として、梁・桁等に国産の桧・杉への変更を検討していますが、急激な国内需要高となっているため、国内の木材価格も上昇しているのが現状です。一部木材市場では、原木の丸太が不足しているそうです。

こうした中で、弊社も木材確保に最大限の努力をしているところですが、弊社標準品の桧節有フローリングや杉天井羽目板の購入元より、5月より10%の値上げ通告があり、今後土台や柱を含めて、価格上昇は必至な情勢であると言わざるを得ない状況が続くと思われます。

出来る限り、お施主様にご負担を掛けないよう、弊社や協力業者共々、出来る限り堪えるつもりですが、今後の状況によっては、納期や価格・建築時期等について都度、ご相談させていただかなくてはならない状況であります事、ご報告申し上げると共に、ご理解・ご協力の程、よろしくお願いいたします。