健康で幸せな
生活のために。

既存建物の部分断熱化

HOME | スタッフBlogコーナー | 既存建物の部分断熱化

既存建物の部分断熱化

2018年11月23日

四国中央市土居町・断熱化リフォームの記事。

 

「冬の寒さを何とかしたい!」
と思ってらっしゃる方は多いと思いますが、これからの季節石油ストーブやコタツで暖を取って耐え忍ぶ方も少なくありません。エアコン暖房24時間稼働されている方もいらっしゃいますが、ひと月の電気代は2万を超えています。



リノベーションや長期優良リフォーム等、国上げてのリフォーム施策によって、既存住宅の耐震化や断熱化を後押ししているようですが、構造・建物・間取りによってその取り組み方は難易度が高いように思います。また、住みながらの施工では難しい面もありますし、部分部分での施工完結していかなくてはいけないので、工期も余分にかかるのが難点です。

今取り掛かりしている断熱化リフォームの現場も、820日頃から始まって、3か月が経とうとしていますが、ようやくお引渡しを迎えようとしています。お施主様ご家族にとって住みながらの工事は、部屋の移動や片付け等とても大変だったろうと思います。



今回は、家全体ではなく部分的に断熱区画を区切って、床・壁・天井を断熱化しました。



特に天井部分は以前使われていた50㎜グラスウールを全て撤去し、天井を補強した上で、セルロースファイバーを約20㎝程敷き詰めました。緩勾配で天井裏が低く、這いながらの施工で大変でしたが、大工さんと二人三脚で丁寧に施工することが出来ました。

断熱施工後は部屋の温度が明らかに冷めにくくなったようで、依然と比べてとても暖かいそうです。


 


リフォーム

営業日・時間のご案内

営業日

午前09:00~午後18:00
日・祝祭日はご予約の方のみ対応いたします。

 

休業日 日・祝祭日