家は自然素材+性能
暮らしやすさ

 ココロハス一級建築設計事務所 

 

建築確認申請

2018年12月15日

申請業務のこと。。。

 
建築物(住宅・ビル・マンション・学校等)を建てる場合、建築基準法に則った建物にしなければなりませんが、建築前に図面や申請書を携えて、着工前役所に申請しなければならないのは、皆さん周知されてることと思います。

建築基準法では、申請主は「=建築主」となっておりますが、実質的に「建築主」様単独での申請は難しいので、「建築主」から委任された「設計士」が代わって申請業務に当たることになります。

愛媛県では、各市町村単位で申請業務を受け持つ課がありますが、その他に申請業務の受付を専門として、東・中・南に「建築住宅センター」がありまして、比較的スピーディーに対応してもらえることから、弊社ではよく利用しています。

フラット35や瑕疵担保保険の扱いもあり、現場検査等も行っているので、併用して行えば無駄な検査も省けたりしますので、便利ですね。

話は変わりますが、2020年に向けた小規模住宅の「省エネ義務化」について、様々な議論の末、見送られることになりました。多勢の反対・慎重論があり、国交省が総判断されたのだと思いますが、非常に残念でなりません。

長期優良や低炭素など、やっとこさ最低限の省エネルールが出来て、やっとこさ最低限の冬暖かくて夏涼しい家が担保されると思っていたのに・・・。

省エネ・断熱・気密の後退はまだ続いてしまうのでしょうね。。。きっと。。。
 


営業日・時間のご案内

営業日

午前09:00~午後18:00
日・祝祭日はご予約の方のみ対応いたします。

 

休業日 日・祝祭日