G-P80F3QP342

自然素材+性能と暮しやすさ

コロナ禍における住宅資材・建材

2021年09月28日

各メーカーからの商品供給についてのお知らせです。

 

今年2月来より、アメリカの好景気による国内需要の増加と、コロナ禍の影響による船便の高騰で、木材輸入の不足・高騰による、日本国内の木材価格高騰をお伝えしてきましたが、現在も以前の倍近くの価格にて高止まりを続けています。

さらに追い打ちをかけるように、建材・資材各メーカーから値上げ・納期遅延の通達が来ておりますので、主だったモノをお知らしします。

①LIXILシャワートイレ関連及び便器・手洗器等 
 概ね受注後2か月以上の納期遅延
②パナソニックタンクレストイレ
 概ね1.5カ月~3カ月以上納期遅延
③内装材(サンゲツ・リリカラ・トキワ等)
 概ね20~30%値上げ
④外装塗壁材 概ね10%値上げ
⑤金属製板材 概ね10~20%値上げ

③~⑤値上げの要因としては、輸送費コスト増や原材料価格増によるものですが、①②納期遅延では、部品供給元のベトナムが、ロックダウンにより生産が大幅に減少したり、国内での半導体工場火災による部品供給の減少が、主な要因になっています。

これらを鑑みると、日々使用している住宅機器や素材が世界中で作られているのを強く実感しますが、世界的な広がりを見せる”コロナ禍”が落ち着かないと、流通や物価の上昇高止まりは暫く続くのではないかと思いますし、購入される施主様の負担が一層増加しますので、一日でも早く収束することを願うばかりです。

取り急ぎ、弊社の対応としては、トイレにまつわるリフォーム関連工事について、3カ月以上先の工事になるかもしれないことをご了解いただける方のみ、受付させていただきますので、ご了解の程お願いいたします。