自然素材+性能と暮しやすさ

古民家リノベーション

2020年08月18日

新居浜市で施工中のリノベーション現場です。

 

新居浜市で施工中の古民家リノベーション現場ですが、大まかな解体工事が終わり、擁壁・給排水工事の下準備も出来たので、お盆明けから大工の造作工事が始まりました。

床下空間が広すぎるため、通常の束立では間に合いそうにないので、今回は小屋梁に使う気を床下の大引きと独立した柱をつなぐ根がらみの役割を持たせて、構造補強を行います。

元々、石場建ての伝統工法ですから、大きな敷居と柱をつなぐという理屈は同じです。石場建ては柱と基礎石が無接着なので、地震が来ると基礎石の上で柱が横滑りします。最近では高層ビルや高速道路等建築物の下部に積層ゴムを入れて揺れをかわす”免震構造”が普及されていますが、石場建てはそれと同様の効果があります。

日本は地震国なので、先人の知恵によって、こうした伝統工法が代々受け継がれてきたことは、言うまでもありませんが、古民家に触れると今更ながらにそれを嫌というほど感じざるを得ません。